JDGMILL講座

はじめに

JDGMILL とはオイクリッド2002.2 で試験的に搭載され、オイクリッド2003 で正式機能となった新しいポストプロセッサです。
JDGMILL ではメニュー操作のみですべての処理ができるようになりました。

従来の DGMILL ではポストプロセッサの設定変更を行なうためにプログラム的な設定作業が必要でしたが、
JDGMILL ではメニュー画面に表示された設定項目に対して変更を行なう事でポストプロセッサのカスタマイズが可能となっています。

この講座では JDGMILL を使ってオリジナルのポストプロセッサ設定を作成する手順を説明していきます。

目次

  1. ミニオイクリッド言語

  2. JDGMILL設定モード

  3. NCデータの構造

  4. サンプル設定の読み込み

  5. 設定の保存

  6. CLTデータからNCデータへの変換

  7. プログラムの先頭 ( 前編 ) 

  8. プログラムの先頭 ( 後編 ) 

  9. スペース ( 空白 ) の処理

  10. 工具交換 ( 前編 ) 

  11. 工具交換 ( 中編 ) 

  12. 工具交換 ( 後編 ) 

パラメーター 一覧

戻る