WindowsXP サービスパック2 Windowsファイアウォール

■ lmgrd.exe と str_sws.exe の場所の調べ方
 
ネットワークライセンスで運用し、Windowsファイアウォールをデフォルト設定のままにしている場合には、
クライアント側PC からのネットワーク通信によるライセンス要求をブロックしてしまいます。
この状態ではクライアントPCはネットワーク上にライセンスサーバーを見つける事ができない為、オイクリッドの起動に失敗します。
この問題を解決するには、Windowsファイアウォールにライセンス要求の通信が不正アクセスではない事を
登録しておかなければなりません。
登録の手順は以下の通りです。 

1.C:\Euklid\euklidvd64\lmtools.exeを開きます。


 

2.「Config Services」タブを選択し、lmgrd.exe の項目のパス名を見ます。

上図の例では、lmgrd.exe のパス名が c:\Euklid\euklidvd64\lmgrd.exe となっています。
この場所にeuklidvd.exeがあります。
euklidvd.exe も lmgrd.exe と同じ場所にあります。

戻る