フィーチャー機能

フィーチャーツールバー

平面別、直径で面ごとに自動でグループ分けできます。
自動グループ分けすると、加工選択時、分けられたグループをそのままミーリングアシスタントの加工設定で選択して、パスを出すことができます。

 

“ローカル座標系”による並び替え、または、“直径”による並び替え穴データは工具軸とグループリストに識別され表示されます。
穴径ごとにそれぞれグループを作成します。 グループ“NoFeature”は穴データ以外の曲面です。
ローカル座標を選択、フィーチャーを選択 (深さは自動的に定義されます) 、ドリル工具を選択します。詳細なパラメータを編集します。


EUKLIDビューアーへ

TOP

フィーチャーツールバーへ