5軸加工

等高線加工、工具接触点を等高で

リファレンス平面に対して平行なパスを作成します。
リファレンス平面の向きは必要に応じて設定することができます。
『工具接触点を等高で』との違いは、『等高線加工』は、工具の中心の高さが一定になるようにパスを作成し、『工具接触手を等高で』はリファレンス平面と工具の接触点の高さが一定のパスを作成します。
ティアドロップ等、自由工具の設定も可能です。


5軸荒加工へ

TOP

5軸外周輪郭平行加工へ